ワクワクメールにおける年齢確認方法とは

ワクワクメールにおける年齢確認方法とは

ワクワクメールでは、年齢確認が必須です。とくに男性は年齢認証しないと女性にメールを送ることが出来ません。これは、児童が利用することを防ぐための策で、利用者が18歳未満でないといった年齢確認が必要です。

 

児童を守ることが一番の目的ですが、逆に大人側の児童買春などの犯罪リスクを減らす意図もあります。知らなかったでは済まされない児童買春の法を犯すことを防ぎます。

 

公安に届けを出している出会い系サイトは、この年齢確認は必須事項です。この年齢確認は登録時に一度だけしますが、それ以降は確認の必要はありません。

 

さらに年齢認証することでサービスポイントをもらうことが出来ます。では、ワクワクメールにおける年齢確認方法を見ていきましょう。

 

年齢確認方法

会員登録が完了した後に、年齢の確認作業をすることが出来ます。登録者が18歳以上であることを証明出来る書面をサポートセンターへ送信することで完了します。

  • 書面の写真を撮ってメールで送信
  • FAXで送信

以上の2つの方法いずれかで送信します。

 

年齢確認の手順

年齢認証リンクへつながる「こちらから」ボタンをクリックする。

年齢認証は、運転免許証や保険証などの写真付きメール、FAX及びクレジットカードを記入することで可能です。免許証などのほか、学生証や年金手帳、住民票、診察券、パスポート、住民基本台帳カードや卒業証書などの写真が有効です。また、定期券やPASUMO、Suica、ICOCAなども有効です。

 

画像を用意出来たら「写メール送信」ボタンを送信します。クレジットカードは、ネットでのお買い物のようにカード番号を入力します。100円かかりますが、100円分の10ポイントをもらうことが出来ます。

 

5分ほどで年齢認証が確認されます。

 

認証されると年齢確認完了のメールが届きます。

 

年齢確認には、個人情報は一切必要ありません。免許証など年齢が分かる欄以外は隠して写真を撮って大丈夫です。住所や名前、顔写真などを隠して送付してOKです。

 

また、クレジットカードを持てる年齢が18歳以上なので、児童ではない証明として活用出来ます。

 

出会い系サイト規制法と年齢確認

年齢確認をしないと、ワクワクメールサイトの一部の機能に制限がかかります。すべての機能を利用出来なくなるわけではありませんが、ワクワクメール利用者には年齢確認が必須です。出会い系サイト規制法という法律が存在します。

 

これは、全ての出会い系サイトに義務付けられています。年齢確認という審査が義務付けられているのです。ワクワクメールサイトは、これら確認書面などの取り扱いについて登録者に安心してご利用頂けるよう規定を作成し、遵守実行するよう努めております。

 

メールやFAXで送信した書面や画像は年齢確認後、即時に破棄しています。個人情報流出をはじめとし、架空請求や振り込め詐欺、勧誘、押し売りなどといった詐欺の悪用は心配する必要はありません。

 

安心感のもとで出会える環境を整えるためには、電話番号確認に併せて年齢確認も必要です。ワクワクメールでの利用の安心度は高いと言えますね。

 

まとめ

以上、ワクワクメールにおける年齢確認の方法を見てきました。出会い系サイト利用の不安事項の多くは、よくある中高生などが犯罪へ巻き込まれることですね。公安にちゃんと届けを出しているサイトは、18歳以上の登録が義務付けられているのでこれらに関しては安心といえますね。

 

このように出会い系サイトとは違って、LINEやSNSなどの「非出会い系」によって多くの中高生が犯罪に巻き込まれていることを知る必要があります。15年以上も長く続き、男女の出会いに特化しているコミュニティサイトであるのも、この年齢確認をしているからともいえますね。