ワクワクメールの自己紹介の書き方とは

ワクワクメールの自己紹介の書き方とは

ワクワクメールで本当に出会うためにも、この自己紹介の書き方で大きく差が出てしまいます。やりとりの前の判断材料ですから、自己紹介を充実させて自分をアピールすることがまず大切です。

 

ワクワクメールの自己紹介で大勢のなかから目を引く自己紹介の書き方を見ていきましょう。

 

一口コメントを充実させる

ワクワクメールの自己紹介は、一口コメントに1,000文字以内で記入出来ます。ただ、びっしりと1,000文字記入する必要はまったくありません。あまり長々と書いていても読み切れません。

 

ワクワクメールの画面構成での長文は少し見にくく、全文を読んではくれません。真面目すぎても、くだけ過ぎても引かれてしまいますから、軽くさわやかな印象を与えながらも誠実さが伝わるように工夫してみましょう。

 

一口欄に予めある項目を消して、まっさらな状態で自分をアピールするとオリジナル感があり目を惹きます。あなたの人柄が伝わるようなコメントを記入してみてください。とくに、性格や趣味でコンタクトを取ってくれる人の増減が決まってしまうので明らかに違わない範囲で好印象を心掛けてくださいね。

 

冒頭の100文字で、周りのコメントよりも目立つコメントにすることをおすすめします。とにかく会員がたくさんいるので、その中で目立つ必要があります。

 

差しさわりがなければ、最寄り駅の名前や町名を明記すると地元や近隣の異性は親近感や興味を抱いてくれます。意外と近くでお相手が見つかることが多いのと、出会ったあとも継続して会いやすいといったメリットがありますね。

 

また、どうやって過ごすのが好きかもあなたに会ったあとのイメージを抱きやすいのでおすすめです。「ドライブが好きです」とか「ショッピングやカフェに行くのが好きです」「仕事帰りに一緒に飲める人を募集しています」など。

 

誰もが書くような、ありきたりな「仲良くしてください」とか「メールくれたら嬉しいです」「はじめまして、よろしくお願いします」などといったコメントは、数あるプロフィールの中で埋もれてしまいます。ちょっと気になるといったコメントを端的に魅力的に書いてみましょう。

 

あとは、あなたに興味を持ったお相手がコンタクトをとりやすい一言が添えてあるとメールしやすいですね。「平日の夕方以降はフリーです」とか「週末なら即返事出来ます」「メールをくれたら必ずお返事します」などのコメントがあると、メールしやすいです。

 

コンタクトを取る側は、返事がなく一方通行になっちゃうのが嫌で躊躇してしまいますから、コンタクト取りやすい気遣いや優しいコメントがあると良いです。

 

プロフ検索をする人は、相手の見た目や性格、趣味が一番気になるポイントです。ですから、ここは自分をアッピールすることと同時に相手がイメージを抱きやすいようにご自分のことを少し詳しく丁寧に書いてみてください。

 

どんな職業で、日ごろどんな過ごし方をしているのかは一緒に過ごすのにとても大切です。アウトドア派なのか、インドア派なのかも楽しみ方が違いますから意外と大事ですね。

 

まったりと過ごしたい人と、アウトドアで登山を楽しみたい人だったら求めるものが違いますから、そこが最初に分かるのは大切です。共感を得られたらメールでも盛り上がれますから、趣味などは充実させて書きましょう。

 

自己紹介の書き方 まとめ

自己紹介は、あなたにコンタクトをしやすくなるかどうかの判断材料です。あっさりと短文でなにもあなたのことが分からなかったり、長々と堅苦しいコメントだったりするとなかなかメールはしにくいものです。最初のメールを受け取れるような、メールのしやすいコメントを心掛けましょう。