出会い系サイト・ワクワクメールにおける美人局対策

出会い系サイト・ワクワクメールにおける美人局対策

かならず出会えると定評のあるワクワクメールにおいて、美人局とは本当に存在するのでしょうか。美人局とは「つつもたせ」と言って、夫婦もしくは男女が共謀して女性との関係を挙げ足に取り脅迫、恐喝するといった犯罪行為です。

 

ワクワクメールは、出会い系サイトのなかでもサポート管理が行き届いているのでかなりサクラや業者の存在は激減している現状です。美人局による被害とはいったいどんな被害なのでしょうか。

 

サイト利用者がトラブルを恐れるのは当然のことです。ここでは、美人局の被害と対策を見ていきましょう。

 

美人局の被害とは?

美人局の被害とは、一言でいって脅迫・恐喝行為で立派な犯罪行為です。よって、こちらが被害者とのならないように気を付けなければなりません。女性をだしにして、金銭を要求するといった悪質な騙しです。

 

これは昔からある騙し手法であり、昔ながらの不倫文化タブー風潮に乗っかった犯罪行為です。女性によって色仕掛けで呼び出され、身体に触れたところで男性が登場し金銭を要求してきます。夫と名乗り脅してきます。男性はこのような状況に陥ると焦りと困惑で金銭を出してしまいます。

 

女性と行為に至ったとしても、美人局と分かった段階で警察に被害届けを出せば女性側に非がありますから大丈夫です。18歳以上の売春に罰則規定がありません。こちらが悪いと弱みを握られているように見せかけられますが、実際はそんなことは一切ありません。

 

美人局の手口とは?

美人局は、男性と会うことに積極的でメールの内容もエッチな内容で男性の下心をくすぐります。実際に会う段階になると、どちらかというと女性がリードし場所などを決めてきます。妙に会いたがるような女性だと、美人局の可能性があるので注意します。

 

会っていい雰囲気になって、女性の身体に触れたところで控えていた男性が現れます。夫などと名乗って、男性の非や責任などを突き付け一筆書かせられます。そして金銭を要求、恐喝してきます。

 

または、ホテルなどの出入りや女性への接触などを写真に撮り、それらを証拠として後日自宅もしくは職場へ送りつけられて脅迫するといった悪質なものまであります。男性にとっては、家族や職場に知られることを恐れているためにこれらの脅迫に物怖じし、大抵の場合は金銭を渡してしまい被害者となってしまいます。

 

美人局に遭遇したときの対策とは?

もし、万が一美人局の被害に遭ってしまった場合は、先にも述べましたが警察に届け出を出しましょう。出会い系サイトで男女が会うことや、身体目的で会うこと自体は犯罪でもなんでもありませんから、男性側の非を突き付けられることはありません。そんなことよりも、美人局による脅迫や恐喝のほうが立派な犯罪ですので周囲への影響をあまり考えずに通報する必要があります。

 

出会い系における美人局の存在は恐ろしく、サイト利用にも不安を覚えます。ワクワクメールはサポート体制が整っているのでサクラや業者は極端に少なく、心配はありませんが、美人局はなかなか見つけることが不可能のようです。

 

というのも男性側が美人局についての知識などが追いついていないことが考えられます。要するに、本当に夫が登場したと思いこみがそうさせます。

 

被害に遭っていても、出会い系サイトの利用を周知されることの方を恐れるために警察に通報ということも、騙されているなどといったことにすら気付かないことの方が多いようです。

 

なんとなく美人局とのやりとりは、振り返れば当初のメールのやりとりの段階で不自然なことがあるはずですからよく注意する必要がありますね。このように、美人局に遭遇した場合は警察とともにサイト管理者にも通報する必要があります。