出会い系とマルチ商法とは?

出会い系とマルチ商法とは?

純粋に男女の出会いを求めて会員登録している人とは別に、出会い系サイト会員として潜りこみビジネス発展のために大勢との出会いを求めているマルチ商法やネットワークビジネス会員がいるのをご存知でしょうか。

 

出会いを求めるといった点では同じですが、出会いの目的が異なりますね。理想の異性との出会いを目的にしている人にとっては、こんな目的違いの人に出会ってしまっては面倒ですね。実際の出会い系サイトとマルチ商法を見ていき、対策などを解説していきましょう。

 

出会い系サイトとマルチ商法

ここでマルチ商法やネットワークビジネスに傾倒している人の心理を見ていきましょう。彼らは、ビジネス展開を推し進めるために流通を起こさなければなりません。いくらマルチといえどもビジネスですから、人と交流せずに何もしなければお金になりません。

 

大勢の人と出会って交流する必要があるのです。交流しながら、自分のビジネスを提案していくのです。この絶好の機会が異業種などの交流パーティだったりしますが、同じように出会いの場として出会い系サイトを利用する人たちも多いようです。

 

純粋に、しかも真剣に出会いを求めているのにマルチ商法の勧誘に捕まったのでは時間もお金も無駄使いになってしまいます。

 

マルチ商法を見分ける方法とは?

コンタクトを取って、出会う前の段階でマルチ商法をやっている人といったことが分かれば、わざわざ時間とお金を使って会わずに済みます。

 

プロフィールで見分ける

マルチ商法を見分ける方法、それがプロフィール情報で分かることがあります。まずは、職業欄で「自由業」「自営」を選択している人はネットワークビジネスで活動している人が多いです。ネットワーカーは、権利収入や自営業などといって個人事業主として自由さを掲げて動いています。

 

「自由業」でも具体的な内容があるのか、記載がなければメールの段階で探りを入れるとよいでしょう。

 

また、「お友達を募集しています」などと多くの出会いを浅く求めているコメントには注意しましょう。一般的に多いのは「純粋な出会いをこの中で特定の一人」を求めています。多くの出会いを求めている印象を受けたら疑いましょう。

 

コメントや会話から見分ける

マルチ商法はもとより、ネットワークビジネス活動をしている人は今がどんなに自由で充実しているか、豊かな人生を送っているかなど夢のようなことを語ることが多いです。「やっと今の仕事に出会えたの」や、「いま自由に飛び回りながら収入を確保出来ているの」などと夢のような話をポロッと出しては気を惹こうとします。

 

また、近況を話す会話やメールのなかに、イベントやセミナー、ホームパーティ、個人主催の料理教室やアロマ教室、クルーザー、健康、大規模な旅行、夢を語るなどの言葉や文面から見られたら警戒して良いと思います。出来ればサイトメールのやりとりの最中に見分けることがベストですね。

 

急に会おうとする

急にお誘いが来て会おうとする場合は、勧誘であると警戒しましょう。マルチやネットワークビジネスの人達はアポイントの数で動いています。実生活のなかのアポが途切れたり、リストがなくなってくるとネットでの出会いに手を出してきます。

 

また、当初のアポがドタキャンで流れた場合などに出会い系サイトのなかで約束を取り付けたいといった心理が働くようです。サイト内で多数にアッピールしてアポ取りしているに違いありません。

 

「明日、会えますか?」や「これからカフェでお茶しませんか」などには注意しましょう。出会い系サイトの多くは、女性からお誘いすることはありません。そして、会うことに対して非常に積極的な場合もあります。

 

サイトメールのやりとりを楽しむとか、相手のことを知りたいとか、甘い雰囲気を味わうなんてことが念頭になく、いきなりアポを取ろうとするところで見抜くことをおすすめします。